[読書]自分の関心でつなげるオムニバスの面白さ。藤森裕治・編『これからの国語科教育はどうあるべきか』

藤森裕治・編『これからの国語科教育はどうあるべきか』は、国語教師や国語科教育研究者、行政関係者はもとより、幼児教育や特別支援などの隣接分野の関係者、ジャーナリスト、スポーツのコーチなど、多彩な書き手がこれからの国語科教育…